fc2ブログ

さくらcatクラブ

≫ EDIT

ネコたちの保護がバタバタと

年が明けて1月も半分を過ぎ、正月気分もすっかり抜けてしまいましたが、ご挨拶がまだでした💦

大変遅くなりましたが明けましておめでとうございます!
昨年は、地域猫たちのお世話をしてくださっている方、また気にかけてくださっている方、バザーにお越しくださった方やご協力いただいた方、本当にありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします!

ブログの方もこまめに更新しないと・・・と思いつつ、滞りがちですみません
9月以降もTNRよりも仔猫の保護や預かりが結構ありました。どっとまとめてではありますがご紹介します。

まず8月末に当クラブの活動区域外(某川沿いの公園をはじめとする臨港地区)で捕獲・手術された黒の仔猫。生後3ヶ月くらい?
9/4(月)に預かり保護、その週の土曜にはトライアルになりました。
8月末ATC保護黒猫

こちらも同じ週にまた2匹、活動区域外からの預かり保護でキジ白のすずちゃん(♀)と、黒猫のレンくん(♂)
母親が違うのできょうだいではありませんが、同じ場所で育っているので2匹一緒に保護しました。
写真ではわかりませんが、すずちゃんは女の子なのに手術の際間違って右耳をカットされてしまってます💦
9月頭ATC保護レンくんすずちゃん

こちらは、7~8年くらい前に当クラブでTNRをして、今は会員さんのところでご飯をもらっている、キジトラのきーちゃん。
きーちゃん

ぱっと見てかなり状態が悪そうで、9/6に朝朝ご飯も食べに来なかったので探して捕獲、病院で診てもらったところ鼻腔内腫瘍で腺癌(せんがん)か扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、てあろうと。それもかなり進行していたようでした。
それでも保護してからもご飯は食べられてはいたのですが、9/11に容態が急変して亡くなってしまいました。
保護して5日間でしたが、薬を処方してもらって酸素室も借りて、少しでも楽な状態で最期を迎えられたのがせめてもの救いだったと思います。


こちらは、9/15に臨港地区で捕獲されたキジ白とグレーのハチワレ(珍しいです)のきょうだい2匹。
まだ生後3ヶ月くらいだそうです。9/17日か18日に臨港地区さくらねこの会の方の無料チケットで手術されました。
9/15咲洲キャナル捕獲キジシロ

9/15咲洲キャナル捕獲ハチワレ

そしてこちらのサビ猫。
昨年6月に捕獲に入った地区の町会より、9月に捕獲の依頼がありました。「3週間ほど前から来ている」と報告があり、ハゲている部分もあって毛艶も悪く痩せており、気持ち悪いとの苦情も寄せられているとのこと。写真では見えませんが、首輪をしていました。ハゲている部分については疥癬(かいせん)の可能性も大なので、捕獲して治療することに。
9.16捕獲弁天地区サビ猫2

捕獲してよく確認したところ、痩せてはいましたが、目も綺麗で、苦情に寄せられていたような皮膚疾患もありませんでした。
このサビ猫は、9/18にバンビの森どうぶつ病院さんにて手術、ウイルス検査もしていただきました。結果は陰性、ワクチンも済ませました。足にケガをしていたそうですが、最近の傷ではなくもう治りかけていてその他は異常なしとのことで、手術後は個人ボランティアのK様が保護してくださることになりました。

続きまして、こちらも9月中旬あたりから某公園に現れた若いキジトラ兄妹のうちのお兄ちゃんの方。
9月中旬捕獲キジ

この兄妹猫は朝晩と餌やりさんから餌をもらっていたのですが、9月下旬に会員の方から「お兄ちゃん猫がグッタリして木の根元に横たわったきり動かない」と!連絡があった時、もう12時近かったのですが、同じく会員のOさんが動いてくださり保護して会員のMさん宅のケージへ。かなり人慣れしていたので根っからの野良ではないな、と。
保護翌日、弁天どうぶつ病院さんにて受診。エコー検査は問題なかったものの、熱があり感染症ご飯が食べられるか様子をご飯が食べられるか様子を見ていましたが、10月に入ってから再度の受診で大丈夫だということがわかってひと安心!未去勢だったので、10/12にバンビの森どうぶつ病院さんにて手術をしていただきました。術後は、餌やりさんがおうちに迎えてくださることに。

それと並行して残る妹猫も捕獲するべく動いていたのですが、なかなかすんなりと捕まらず、餌やりさんのご協力もあって苦労の末10/3にやっと捕獲に成功!お兄ちゃんより一足先に手術を終えて、妹の待つ新しいおうちに帰ってきました。捕獲や病院への搬送をしてくださった会員のOさん、Kさん、Mさん、ありがとうございました。


次に、活動区域外の保護猫2匹で、10月末に大阪ねこの会一斉手術で手術をしてもらい、その後会員のMさんのところでお世話になっていましたが、11月上旬に当クラブ代表のところへ移りました。
キジ白(♀)ですみれちゃん、茶白(♂)でこま君です。生後3ヶ月くらいでしょうか。
南港東保護すみれちゃん&こま君

兄妹かどうかははっきりわかりませんが同じ場所で保護されたのならおそらく、といったところです。
ウイルス検査も済んでおり、陰性でした。


そして最後に・・・
11/9、小学校近くにお住まいのYさんから「急に2ヶ月くらいの仔猫が現れた」と連絡がありました。
Yさんは会員ではありませんが、当クラブでTNRした地域猫に自宅前にて餌をあげてくださっている方です。
会員のMさんもこの辺の猫たちのことをよく知っていて、TNRも完了している地区なので、これ以上仔猫が産まれることはありえないのです。

まずは捕獲保護をということでYさんに捕獲器をお貸しし、その後当クラブからMさんとKさんも駆けつけてくださって無事保護成功!仔猫はYさんが保護してくださることになり、12日にワクチン接種とウイルス検査をして、検査は白血病・エイズ共に陰性。その日の夕方にはYさんの姪御さんのお宅にもらわれていきました。
発見からたった4日でずっとのおうちへ、という超スピード解決!
残念ながら写真はありませんが、体重1.3kgのキジトラの男の子でした。生後2ヶ月半くらいだと思われます。
KさんとMさん、ありがとうございました。Yさんからは5、000円寄付いただきました、ありがとうございました!

・・・すごく駆け足でのご紹介で申し訳ありません💦

スポンサーサイト



| 日々の出来事 | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バザー御礼!

早いものでもう10月も終わろうとしていますね。

先週10/22は、さくらcatクラブのバザーでした!
10/22バザー1

10/22バザー2

10/22バザー3

10/22バザー4

10/22バザー5
写真に載せている以外にも出品しているものがまだありました。


お天気にも恵まれ、たくさんの方が来てくださり、またたくさんお買い上げくださった方もいらっしゃたようで、また、この日のためにハンドメイドの雑貨やら未使用の雑貨を提供してくださった方もいらっしゃて、ありがとうございました!

この日の売上げは110,780円!
前回に続いて10万円を超えました~\(^O^)/

当クラブも立ち上げてから10年近くになります。立ち上げ当初にTNRした猫たちもシニア期に入り、状態の良くない猫の保護・治療
が結構多かったので本当に助かります。本当にありがとうございます。

次回開催は来年春頃の予定です。

また日程が決まったらブログにて告知いたします。
その前に、まだ記事にできていない猫さんたちのことをちまちま書いていきますね。

| イベント・ミーティング | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取り急ぎ御礼とか告知とか

今年は仔猫の保護、また病気やケガの猫が本当に多かったです。
ほかにまだ記事にできていない保護猫がいるのですが、それはまた後日ちょっとずつまとめてアップさせていただくとして・・・

昨年9月よりこの1年の間に、募金により弁天どうぶつ病院に来院された方々からご協力くださった分を当クラブへいただきました。その額10,074円。募金にご協力いただいた方の中には500円硬貨を惜しみなく入れてくださる方もいらっしゃったようです。
弁天どうぶつ病院様、また募金にご協力いただいた方、本当にありがとうございました!


それと告知です!

10月にバザーを開催します!!

10月22日(日)
午前10時~午後4時

※雨天の場合は10月29日(日)の同時刻に延期

開催場所についてはご存じない場合は右のメールフォーム(スマホ版のブログではメールフォームがないので、PC版ブログに切り替えてください)からお気軽にお問い合わせください。

皆さま、どうぞ覗きに来るだけでもいいのでいらしてくださいね~
掘り出し物いろいろ取り揃えてお待ちしています!

| 日々の出来事 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続々と新しいおうちが決まっています!

8月14日に保護した仔猫のうち、最速で里親さんが決まったシュガーちゃんとジンちゃん。
残る2匹サビ猫と茶トラ猫は、9月1日に会員のTさんが迎えてくださいました。
サビ猫が「あられちゃん」、茶トラ猫が「ちまきちゃん」です。
あられちゃん&ちまきちゃん

Tさん宅にお迎え初日のあられちゃんとちまきちゃん。

あられちゃん&ちまきちゃん2

あられちゃん
あられちゃん

ちまきちゃん
ちまきちゃん

ちまきちゃんもあられちゃんも新しいおウチに来てから元気いっぱいで、よく食べよく遊び、よく寝るそうです。
Tさん宅には先住猫がおり、心配だった相性も、まだ時折ケージ越しに「シャー!」とは言うものの時間が解決してくれるだろうとのことです。
.
あられ&ちまき1

あられちゃんもちまきちゃんもイイお顔だ~

あられ&ちまき2


そして、この4匹の兄弟猫の前に捕獲、さくら耳になっていないのに実は手術済みだった白キジ猫、チョビくん→こちらの記事
捕獲・病院受診後会員のKさん宅で保護されていましたが、先住猫のタマちゃんともだいぶ慣れてきたのでそのままKさんが正式に迎えてくださることになりました。保護している時がちょうどお盆時期と重なり様子を見ることが出来たことと、人慣れしているチョビくんの性格も温厚なのも幸いだったそうです。
.
タマ&チョビ
Kさん宅で先住猫以上にくつろぐチョビくんです(^∇^)

| 保護猫近況 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4日目の奇跡

残暑まだまだ厳しいですが、朝晩ほんの少しだけ過ごしやすくなったような気がします。

先月14日に保護した4匹の仔猫に起こった奇跡の件。
なんと、保護4日目にして里親さん候補が!

毎週、割引き日に保護猫たちの餌を買いに行ってもらっている某スーパー。
先月17日も会員のOさん、Kさん、Sさんが買い出しに行ってまして、そこのエレベーターの中での事でした。
保護した4匹の写真をスマホで見ていたら、後ろからご家族と思われる3名の方が仔猫の写真をガン見されていたので、Kさんがすかさず「仔猫ですか?」と聞けばそのご家族、これまで仔猫を迎えたくていろいろ申し込むも既に里親さんが決まっていたり先方から連絡が来なかったりでなかなか迎えられず・・・ということだったので、これまたすかさず保護中の仔猫を勧め、代表宅で保護中の旨を伝え「ぜひ行ってくださいね」と持ち合わせていた当クラブの名刺を渡して別れました。

4匹の仔猫たちを保護している代表のところでは、仔猫たちが離乳食になかなか慣れてくれず時間がかかり、会員のOさんに助けを求め、4匹のうち2匹を預かってもらおうと思い、茶トラとキジトラの仔猫をキャリーケースに入れたその時・・・

なんとそのご家族が来てくださった!

そして、キャリーケースに入っている茶トラの仔猫に目が釘付けになり(もちろんキジトラの仔猫もです)あれよあれよという間にその2匹を迎えていただく事になりました!

いろいろな偶然が重なって、Kさんの一言がなかったらこのご縁はありませんでした。こんなに早く里親さんが見つかるなんて本当に奇跡としか言いようがありません。たった4日で里親さんが決まったのも史上最速です。
次の日には茶トラをシュガーちゃん、キジトラをジンちゃんと名付け、早速受け入れ準備に入っていただき1日も早く仔猫を迎えたいと里親さんが希望されていたのですが、ワクチンや手術を済ませてからだとお届けが2ヶ月近く先になるとお伝えすると、そのご家族の娘さんが号泣しちゃった!
「もう頑張って育てますので!」ということで、食欲もなんとか安定し2匹とも元気なので、保護7日目にして先月20日に名ばかりのトライアルとなりました!
.
8/14咲洲保護茶トラ
シュガーちゃん。

8/14咲洲保護キジ
ジンちゃん。

.
8/14咲洲保護里親さん宅
シュガーちゃんとジンちゃんの新しいおうち。
ケージとトイレの準備がまだ間に合わなかったので、当クラブより一時貸し出しています。

8/14咲洲保護里親さん宅02
ご飯うまうま。

8/14咲洲保護里親さん宅03
スヤスヤ眠っています。

シュガー&ジン

ワクチンや手術については当クラブの方でしっかりとフォローさせていただきます!

↓の「Read More」の中にその後のシュガーちゃんとジンちゃんの写真を載せてあります。とても可愛いのでぜひご覧ください~

≫ Read More

| 保護猫近況 | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仔猫の保護(8月)

昨年の6月から某川沿いの公園で仔猫を産み続けているさび柄の母猫ですが、今度は港湾局が売却し、不動産会社が管理している空き地内で出産していました。

先月14日の朝、不動産会社の方立ち会いのもと、空き地に入って無事に保護できました!
キジトラ1匹、さび柄1匹、茶トラ2匹の計4匹です。
.
8/14保護咲洲キャナル01

8/14保護咲洲キャナル02

8/14保護咲洲キャナル03

8/14保護咲洲キャナル04

熱っぽくて息も荒かったので保護してすぐに病院へ!発熱と脱水症状のため、点滴をしていただきました。
他にもノミやバッタの子ども、アリなどが身体にくっついていて、ノミ取りと目薬もいただきました。
.
8/14保護咲洲キャナル05

今回は会員のOさんにお世話になりました、ありがとうございます!

昨年6月保護のモーリ・ミーヤちゃん達をはじめ、さび柄の母猫が出産した仔猫は14匹保護となりました。ご協力いただいた方々、ありがとうございます。
この度、母猫と一緒に♂の黒猫がいることがわかり、この黒猫が仔猫たちの父親だと思われます。
この1年ちょっとの間に出産を繰り返している母猫も身体にかなり負担がかかっているかと思うので、「必ず捕獲・手術するぞ!」と改めて思いました。

そして保護して4日目、8/16になんと奇跡が起こります✨
それについては次の記事にて…!




| 日々の出来事 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫の捕獲・保護

7月に某公園そばを走る鉄道高架下のフェンス内に突然現れたまだ若いであろう白キジ猫。
今月初めに会員のKさんご夫婦が捕獲していちどうぶつ病院さんへ連れていってくださいました。
8月保護白キジ01

現れた時から生粋の野良猫ではない様子だと思ったら、耳カットはされていませんがなんとすでに手術済みの男の子!人にはスリスリするので前にどこかで飼われていたのかも知れません。
このまま現れた場所に戻すか悩みましたが里親さんを募集することになり、一旦Kさん宅で保護することに。「チョビくん」と名前がつきました。

88月保護白キジ02

Kさん宅には先住猫のタマちゃんがいるのですが、タマちゃんのご立腹をよそに早速落ち着き、余裕でくつろぐチョビくん。
新しいおうちが見つかりますように!

| 里親募集 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域猫のケガとか病気とか

まずは地域猫のケガから。
先月上旬、地元の個人ボランティア・K様が息子さんの知り合いの会社に現れた仔猫を保護されたんですが「どうも歩き方がおかしい」と、いちどうぶつ病院さんで診てもらったら、なんと大腿骨骨折の重傷!
負傷黒猫01
パキッときれいに折れちゃってます…><
負傷黒猫02

すでに手術も終え入院した後7/19(水)に退院してきたのですが、かなりお安くしてもらっても退院時の支払いだけで16万円!(ちなみに普通の病院だと最低30万円かかるそうです💦)
その後抜糸したり、骨を固定しているピンを抜いたりするのに手術が必要で、今後まだまだ治療費がかかるとお聞きしました…

K様は、さくらcatクラブで開催しているバザーでもハンドメイドのバッグをたくさん作って寄付していただく等ご協力いただいていることもあり、他の会員さんの了承も得て当クラブからカンパさせていただきました。
負傷黒猫03

手術を終えて退院した黒猫「麗ちゃん」。幸いなことに食欲はあり、元気だとのことでホッとしました(^^)


次は病気の地域猫。7/23(日)、会員のIさんがご近所の方から「衰弱している猫がいる」と連絡を受け、駆けつけて保護。 小学生が近所の公園まで猫を連れてきたそうです。最近黒猫率高いなあ。可愛いですけど、黒猫。
20230812225202ebc.jpg

あまり若くない♀の黒猫で、目は猫風邪のせいか目やにで開かず、お腹がパンパン。逃げる力もないようでした。その日の夕方に病院に連れて行ったのですが、日曜の午後診は先生ひとりでてんてこ舞い💦とりあえず血液検査とエコー検査をしていただきました。結果、エイズ陽性。

ただお腹の膨らみが腹水なのか尿なのか不明で、もし尿が出ていないのなら点滴をすると膀胱を圧迫してしまうため、脱水症状があるものの点滴が出来ずで。この日は目薬だけ処方していただきましたが、危険な状態かも知れないので次の日に別の病院で診てもらうことに。それまではIさん宅で保護。
翌24日、2軒目の病院での受診。目薬が効いているせいか、目は開くようになった。受診結果は、脱水症状・貧血あり、ノミがまだたくさんいたので、脱水については点滴60cc、ノミは駆除薬投与、一番気になるお腹の腫れについてはエコーをかけたところ見立ては最初に連れて行った病院と同じでした。

ただ膀胱にしては腫れ方が異常。腎臓等他の臓器の可能性は低い。可能性として考えられるのは子宮、または膀胱の入り口が何らかの形で塞がっている。
いずれにせよ現在の状態では猫の体力的に手術は不可能で、検査入院をして点滴を入れながら膀胱の状態を見て、腫れがどの部分なのか調べる必要があるため、25日の休診日翌日から入院となりました。

検査入院中の病院からの経過報告があったのですが
・目はきれいになった。
・尿は出ており、膀胱の異常ではないが、血液検査の結果は腎臓の数値が悪く腎不全末期。
・お腹の腫れについては、子宮または腫瘍ができている可能性あり。今はお腹の腫れが内臓を圧迫しているため食べられない状態が続いている。手術で腫れを取り除くことは出来、ご飯もたべられるようになるが、腎不全は悪化するため定期的な点滴が必要になる。手術せずに点滴で過ごすと、看取り段階に入るだろうとのことでした、う~む、究極の選択。
限られた時間の中での選択でかなり悩みましたが、再度病院の先生に確認したら 、「今の苦しみを取り除いてやり、生きる選択…つまり手術をするか、点滴だけで様子を見るか。 後者の場合、いつ亡くなってしまってもおかしくはない。手術をする場合は開腹し、状態により費用は多少変わってくるが10万円以内に収まるよう努力します。手術をするのなら早くしてあげたい」とのことでした。

さくらcatクラブの会員からも手術に賛成の意見もあったことから手術をしてもらう選択をし、31日に手術予定で引き続き入院していましたが、30日の朝、病院の先生から猫が亡くなったと連絡がありました。29日の夜~30日の早朝にかけての間に力尽きてしまったようでした。
亡くなってしまったのは残念だけど、保護からちょうど1週間。この黒猫はギリギリの状態だったと思われます。このまま外にいたらきっと1週間ももたなかったかも。後半は苦しかったと思いますが、痛い思いをせずにすんだことは幸いだったかも知れません。31日に見送りました。

検査入院をしていたバンビの森どうぶつ病院さんではエンゼルケアまでしていただいてお世話になりました。ありがとうございます。猫をお迎えに行ってくださった会員のKさんもありがとうございました。


そして、その黒猫を保護した翌日、昨年10月に親子4匹TNRしたうちの三毛猫を餌やりさんからの連絡で夕方に緊急保護しました。こちらの記事の写真1枚目のミケちゃんです。

送られてきた動画(ブログでは動画が上げられないのですみません><)を見たら呼吸の仕方が明らかにおかしい。保護して弁天どうぶつ病院さんへ連絡をすると連れて来てもOKとのことだったので早速連れて行きました。会員のKさんとOさんも病院に駆けつけてくださいました。
口を開けたまましゃくりあげるようにして息使いが酷かったのを見て、先生からは「ネットに入れないと検査できないが、無理矢理入れたりするとアナフィラキシーショックを起こして亡くなる可能性がある」と言われましたが、ここはやはり検査をしていただきたくて、当クラブの代表がネットに入れるのを試みたところ、やはり暴れて(その際猫に指を思いっきりガブリとやられてしまったのですが、先生の適切な指示で何とか事なきを得ました💦)そのまま診察台で亡くなってしまいました。

亡くなった後、エコー検査で死因を調べていただいたところ、胸水がかなり溜まっていて、心臓からも出血しているようでした。胸水を抜いて見てもらったら膿でドロドロ。
感染症を起こしてこの呼吸だと、数日中には亡くなっていただろう。この状態からして抗生剤を入れても数日しかもたなかっただろう、と。 もちろん、検査したからこそわかった事ですが、ミケちゃんには怖い思いをさせてしまって申し訳ない💦地域猫の保護、受診の難しさを改めて感じました。
ミケちゃんは、会員のMさん宅にて一晩お別れをして、翌日Mさんが見送ってくださいました。 この暑い中人知れず亡くなるより、TNRした私達が最後を看取れて良かったのではないかと思います。

餌やりさんも 残る親子3匹をしっかりみていきますと感謝してくださいました。亡くなったミケちゃんは、4匹の親子のうち最初に捕獲した一番食いしん坊の子でした。まるまると大きく育ち、環境の良さを感じたミケちゃん。
地域猫は、餌やりさんとの連携で治療につながりますが、それでも救える命とそうでない命があるので複雑な気持ちです。餌やりさんには残る姉妹を見守って欲しいと思います。よろしくお願いいたします

| 日々の出来事 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脱走猫捜索SOS

5年ぶりに近畿を直撃しましたね。皆さん、ご無事でしょうか?
私の方は交通機関が全てダメになって出勤できなくなったのをこれ幸いにと(オイ)、遅れがちなブログの更新をいそいそとしております(笑)

もう夏に入る前の話になりますが5/20と6/11、脱走猫の捜索について2件ご相談がありました。どちらも同じ地区で野良猫の多いところなので、ご近所の会員のIさんに協力していただきました。
5月に脱走した猫ちゃんは脱走から1週間後、夜中に自転車置き場に設置した捕獲器に無事入ってくれました(^▽^)
6月に脱走した猫ちゃんは、脱走から2日後に無事お家に戻れました!

Iさん、毎日の見回り発見、捕獲器の設置ありがとうございました
両方ともマンションではなく一軒家だったのも幸いだったかな?
猫が脱走したらすぐに連れ戻すため行動を起こすのが大事だと改めて感じました。

脱走猫捕獲のお手伝いをさせていただいた2匹の飼い主さんからは、フードのご寄付いただきました、ありがとうございました!

| 日々の出来事 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里親さんが決まりました!

5月に咲洲キャナルから保護した4匹の仔猫のその後ですが、6月の記事ではサビ猫2匹が先にトライアルに行ったと書いていましたが、里親さんは、会員Iさんのお友達のそのまたお友達。この2匹についてはトライアル無しの正式譲渡でした。Iさん、里親さんに繋いでくださりありがとうございました!
久々に仔猫をお迎えするということで、3段ケージをご用意してくださっていました(^^)
16912737520.jpeg

16912737900.jpeg

16912738190.jpeg

麦わらっぽいサビちゃん(保護当時の記事ではサビっぽいキジトラに見えたので「キジトラ」と紹介しています)は「おとはちゃん」に、尻尾の短いサビちゃんは「いろはちゃん」という名前になりました。

写真はありませんが尻尾の長いサビちゃんは、昨年仔猫を迎えてくださった里親さん宅へトライアルが決まり、6/25にお届けしました。新しい名前は「るうちゃん」です。お届けした日は緊張のため食べない・飲まない・出さないだったのですが、翌日には早速お部屋探索をして、先住のジル君はそんなるうちゃんを受け入れてくれそうな様子だったようです。

そして、これまでに何度かトライアルに出るも戻ってきた茶トラくん(保護中に「笑吉くん」という名がつきました)ですが、当クラブ代表のところで自由にしてもらって遊んでいるところを仔猫希望で来られたカップルの方に見初められ、会員のKさんと代表とで7/30にお届けしてきました。名前は笑吉から「吉」が定着しますように、とのことで「サダ吉」になりました!
咲洲4匹保護の茶トラ

るうちゃんもサダ吉くんもトライアルうまくいきますように~!


それから5月に咲洲キャナルから4匹の仔猫を保護した後、また1匹保護した生後2ヶ月くらいのキジ白ちゃん。
6/13咲洲キャナルより来た子2

当初ブログには女の子となっていましたが、保護中に「マー君」という名前が付いていたため男の子だったようです、すみません💦
代表宅にて保護されていましたが、7月中旬に里親希望の方に繋ぐことが出来ました!
マー君はとにかくヤンチャで、代表宅にいる猫ちゃんもタジタジになるほど暴れん坊ナンバーワンだったのですが「それくらいが嬉しい」と言ってくださるお宅へ望まれてホッとしました。トライアル無しの正式譲渡です。

迎えていただいて2日目には快食・快便だったそうで、遊び疲れるまで相手してもらえてしている満足しているようでした。
6/13保護咲洲

6/13保護咲洲02

お届け先の地区は、私たちボランティアが歩くには野良猫天国と思うほど恐ろしい場所だったそうで^^;
マー君をお届けした後、里親さんに案内してもらったのですが「エェーーッ」 て感じでして。
たまたま個人ボランティアのNさんが関わっておられる地域だとわかり、今後里親さんに情報提供をしていただくことになりました。
どの猫ちゃんもお届け等、会員のKさんご夫婦にはまたまたお世話になりました、ありがとうございました!

| 保護猫近況 | 08:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT