さくらcatクラブ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

交通事故

事故の話が続いてしまいますが・・。

金曜日の午前中、メンバー間のLINEでこんな連絡が回って来ました。

「道路で猫が倒れていると友人から連絡がありました。車に轢かれたのかも…」

情報を送ってくれたのは、外猫さん達のために日々奔走しているキュートな女性で、クラブの癒し的存在のIさんです。
友人の連絡を受けたIさんが仕事の合間を縫って現場に行った時には、すでに何度も車に轢かれたあとだったそうで…。
その場で衛生管理局に電話し、毛色などを確認してくださいました。
(見るのも辛い状況だったかと思います…Iさん、お疲れさまでした)

この地域で外猫のお世話をしているメンバーさんは、Iさんからの情報を聞いても思いあたる猫はいませんでした。
何度も轢かれたあとでは耳カットの判断もつきませんし、
外猫さんではなく家から脱走(あるいは外飼い)して事故にあった可能性も考えられます。

通常、迷子猫と思われる猫を保護したら、まずは警察や動物管理センターに飼い主から届けが出ていないか確認したり、インターネットの迷子猫掲示板を検索したり…というのはよく知られている話。
でも、性別も毛色も大きさも判別できない状態で亡くなっていたら、照会のしようがありません。。
近隣に迷子猫の貼り紙などがないか、しばらく注意することにしました。

トラックなどの交通量が多い地域でもあるので、地域猫と確定できない子が死亡している時の対処をみんなで決めて、共有したいと思います。

飼い猫さんが脱走しないよう、脱走防止対策も呼びかけて行きたいと思います。

ところで、会としてのLINEグループが始まったのはつい先日です。
最近入会されたTさんがまとめてくださいました。
当地区にお引越しされて来てまだ半年なのに、さっそく地域の猫ボランティアに参加されたという猫愛に満ちたTさんです。
LINE、便利ですね〜。
LINEをされていない会員さんもいらっしゃるので、連携をしっかり取って行きたいと思います!

  
スポンサーサイト

| 日々の出来事 | 23:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT