さくらcatクラブ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会員さんのおウチの仔になりました!


さくらcatクラブの会員さんで、訪問介護のお仕事をされている方から

軒猫ちゃん2匹を可愛がって、お世話をされているおばあちゃんが骨折されて入院することになり

猫ちゃんのお世話が出来なくなる・・・

しかも、そのうちの1匹が出産して2匹仔猫がいる

と連絡をいただきました。

おばあさんが可愛がってくれている2匹の猫ちゃんと仔猫が

今いる場所で生きていける環境ならば

近くのえさやりサンを探しTNRをしようということになりました

まずは、2匹の成猫ちゃんのTNRに

連絡をくれた会員さんとおばあさんのお宅に訪問介護に行かれてる方と一緒に

お宅にお邪魔しようという前日・・・

まさかのもう1匹も2匹出産していることが発覚っ

しかも、仔猫2匹は風邪をひいて目やにと鼻水でグチュグチュなので保護してくれていると

連絡がありました。

訪問介護に行かれてる方が保護してから

ミルクを飲ませたりしてくれていて、

1匹は上手に飲めていたのですが、片目は目やにで鼻はグチュグチュ

もう1匹は、ミルクを飲むことを拒み両目とも目やにで塞がっていました

この仔たちは、すぐに病院で診察を受けて

一緒にお世話すると風邪が治ってもうつしあいをするかもしれないので

3日間だけ別々のおウチでお世話をし、元気になってから一緒のおウチに保護となりました

保護をした日から、両目共塞がっていた仔を保護した会員が寝てる姿を見て一目惚れ

1ヶ月間、家族に掛け合い、おウチの仔となりました

ちゃい

名前は、ちゃい

チャイ

ちゃい1

お風呂の時間は毎日、先住ちゃんたちと一緒にフタの上
ロコみかん ちゃい

7ヵ月で、すでに4㎏弱まで成長したちゃいです



| 里親様からのお便り | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会員さんのおウチの仔になりました!


一昨年の8月、お盆に入る少し前に

まだ目も開いていない

小さな小さな仔猫を動物に関わる仕事をしている方が保護し、

おウチでミルクを飲ませてみようと試みてくれたんですが、

なかなか上手に飲めず

胃まで管を通してミルクを飲ませるために

病院に2~3日通ってくれました

保護してくださった方は日中仕事があり、

1日何回もミルクを飲ませたり、トイレを促したりできる時間がないので

保護してもらませんかと連絡があり

仔猫を見せてもらうと、

真夏でも自力で体温の調整ができないので、常に温めてあげる必要があるくらい本当に小さく

ミルクをお腹いっぱい飲めなかったこともあり

少し元気がない状態でした

さくらcatクラブの中にミルクから仔猫を育てた経験がある人が集まり

その中から、この時点で保護猫を預かっていない会員がお世話をすることになりました

まめ
(真夏なため、バックがお見苦しいのでスモークかけさせていただいていますすみません)

通常、仔猫のミルクは3時間おきにあげ、トイレを促すことを繰り返すのですが、

なかなか上手に飲めないので、2時間おきにあげていると

数日で哺乳瓶から上手に飲めるようになり、

一週間後には目もあき、世話なく元気に大きくなりました

mame.png

名前は、まめ

先住猫も一緒に育ててくれ

ロコまめ

おウチの仔と、相性がとっても良かったので

そのまま会員のおウチの仔になりました

おウチの中で、1番の甘えん坊

まめ1

元気いっぱい育ってくれ、嬉しい限りです



| 里親様からのお便り | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里子ちゃんお便り


この会を立ち上げるきっかけとなった方の中に

長年、地域の猫ちゃんにえさやりをしてくれている方がいて、

会を立ち上げてすぐに、その方がえさやりをしている場所の子達から

TNRを始めました

長年、えさやりしてくれているだけあって、

猫ちゃんの色や引数を把握してくださっていたので、

えさやり場所の1つ、公園にいた猫ちゃんたちのTNRを終えて

これからは、公園周りの警戒心の強い子を頑張ってTNRしていこう

と計画をたてていた時、

黒猫ちゃんが5匹の仔猫を連れて、TNRを終えたはずの公園に現れました

今まで、把握できてなかった黒ちゃんだったので、

どこから来たのか検討もつかない・・・

ただ、この公園はきちんとえさをくれる方がいて

隣には学校がたっているので、隠れ場所や寒さ、暑さ対策には最適

仔猫が少し大きくなるのを待って、

TNRして、地域猫ちゃんとして見守っていくことができるね

と話していました

そんな時に、猫ちゃんを家族に迎えたいというお話があり、

仔猫にご飯をあげてくれていた会員さんが

9月に産まれた仔猫たちが、寒い冬を越せるか心配だということ。

仔猫の時から、ご飯をあげていて、少し懐いてきてしまっているので

このまま地域猫として、公園で生活すると危険なことに巻き込まれる心配もあり

5匹を紹介し

白黒クンが無事おウチの仔となり、大きくなったお写真とともにお便りいただきました

やた

お名前は、弥汰くん(やたクン)

ヤタ1

最初は怯えていて、慣れてくれるかなって心配でしたが、今ではすっかり甘えたの可愛い子になってます

ヤタ2

愛らしいお写真とともに、私たちまで幸せになるお言葉ありがとうございます

保護がないまま、野良ちゃんから突然、おウチの仔になり

おウチの仔として迎えてくれてから、懐いたかなと心配していたので嬉しいです

弥汰クンの愛らしいお写真、また拝見させていただけるのを楽しみにお待ちしてまーす







| 里親様からのお便り | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里親さまからのお便り


去年の11月に

この子を保護してくれー

と突然、仔猫を連れて年配の男性が代表の元に来られました・・・。

保護した経緯をきくと

地域猫ちゃんとして生きていける環境にあったこと。

連れてこられた方が、前回も保護してほしいと猫ちゃんを連れてきていて

その子に週に1度会いには来ていたけど

お世話は全面さくらcatの会員さんがしていたということがあったので、

今回の仔猫ちゃんに関しては、

代表のおウチでお世話をして、里親さんも探すけれど

仔猫の保護主さんになって、猫ちゃんのご飯や保護するにあたって必要になってくる病院代などはよろしくお願いします

とお伝えしました。

1度は了承して、代表のおウチに仔猫を預けて帰ったのですが、

数日後・・・

仔猫を見つけて、連れてきただけで、なんで病院代出さなアカンねん

と・・・

そのまま音信不通になってしまったので、

さくらcatクラブの子として保護することになりました。

おウチに入ってからは、先におウチに入っていた保護猫ちゃんの

お兄ちゃん的存在を発揮してくれてました

仮名は、ディーンくん
ディーン3
白黒ちゃんの頭をなめてあげているのがディーンです

ディーン1


ディーンくん、11月に譲渡会に参加し

ジャック4 (2)


一緒に参加していた ひかるちゃんという黒猫ちゃんと同じおウチに

12月頭からトライアルに行き、1週間後に

無事譲渡決定しましたー

今年に入って、ディーンとひかるちゃんのおウチの方が

いつも二人ここがお気に入りで寝ています。ディーンも気まぐれですが、たまにお膝に乗ってゴロゴロ言ってくれるようになりました。
そうすると、ひかるちゃんがやきもちをやいて、ちょっかい出してきます。可愛いですね~

ディーン

と連絡くださいました

嬉しいお便り ありがとうございます

お名前は、そのままディーンくん

ディーンとひかるちゃんが幸せなおウチの仔になれて

私たちも幸せです

また、ディーンとひかるちゃんの姿を拝見させていただけるのを

楽しみにしています



| 里親様からのお便り | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里親さまからのお便り


去年の5月

手術の前日で、何人もの会員が捕獲に出ている夕方

会員さんの近所の小学校の男の子が

友達が公園で遊んでたら、道に仔猫がいたんやってー

と友達と仔猫を連れて、代表のところに連れてきてくれました

ちょうど近くを捕獲中だったので、会員がその公園付近に

親猫がいないか  兄弟猫はいないか

あちこち探しましたが、見当たりませんでした・・・

この猫ちゃん・・・一目見た瞬間、会員さん数人が

可愛いーーー

とファンが殺到

カラーの仕上がり具合が、絶妙で本当に可愛い

なのに・・・何故か・・・・・・発見された時、おヒゲと眉毛半分切られてました・・・

コナ2

名前は、仮名でコナちゃん

コナちゃん 約1ヵ月半で保護されて

すぐに里親さん募集があったんですが

タイミングが合わず・・・

その後、譲渡会に参加して

一発でお声がかかり、トライアルに行きましたが、

何せ、この可愛い顔でスリスリの甘えたちゃん

先住猫ちゃんが怒ってしまい

さくらcatに帰ってきました

帰ってきてから、お世話してもらっていた会員さんのおウチに、

ケガをした猫ちゃんを保護していた経験があり、2時間でも3時間でも、猫ちゃんと遊んでられるくらい 猫ちゃん好きの同僚の方が遊びに来られ

一目惚れしてくださいましたー

1月2日からトライアルに行き

譲渡決定の連絡いただきましたーー

トライアル初日から、お布団の中に入り込んで、心鷲掴みにされました
コナちゃん無しの生活は、もう考えられないほどとなりました

と嬉しい お言葉とともに写真送ってくださいました

コナ1

おヒゲも眉毛も立派にはえたでしょ
コナ

コナちゃん、本当に良かった

甘えん坊で、人の懐にスッと入っていけるけど、

それが先住ちゃんがいるおウチでは、先住ちゃんがやきもちをやいて

なかなか受け入れてもらえなかったので

コナちゃんが行くなら、コナちゃんが1匹目のおウチがいいね

って、コナちゃんのお世話に関わった会員さんたちと話していたので

お母さんたちを独り占めできる コナちゃんに合ったおウチに行けて

私たちも安心で幸せです

コナちゃんの写真をまた、拝見できるのを楽しみにしてまーす

コナちゃんの成長を、これからも一緒に楽しませてください






| 里親様からのお便り | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT