さくらcatクラブ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

里親様からのお便り


ライヤちゃんのご家族からお便りいただきました

ライヤちゃんのお母さんは、単身赴任で

週末、ライヤちゃんに会えるのを楽しみに帰宅されているそうです

らいや

ライヤちゃんは、毎週帰宅するたび大きくなってるような感じです
模様は『ダヤン』にそっくり、美人でプロポーション抜群です。
(暴れまわってる時は悪魔憑きのサルみたいですが)

らいや1

お正月には飾り物は必ず落とし、お花はかじっていました
可愛い声で膝に乗ってチュパチュパするので、夫婦でメロメロです。
今は、時々くしゃみをするので、ちょっと気をつけています

らいや2

平日は、お父さんにベッタリ甘えん坊

週末は、お父さんとお母さんにベッタリ甘えさせてもらえて

ライヤちゃんの幸せ~な姿が目に浮かびます

お便りありがとうございます

里子ちゃんになった子たちの姿を見れるのは

頑張ってる私たちの励みになります

また、いつでもお便りお待ちしてまーす




| 里親様からのお便り | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里親さまからのお便り


先日(1月15日)に投稿したブログで

登場したちゃいと一緒に保護された兄弟

黒汰クンのご家族からお便りいただきました

あけましておめでとうございます兄弟が元気にすくすく育ち、楽しませてもらえる1年でありますように

有難いお言葉ありがとうございます

保護してすぐの黒汰クンちゃい

くろたとちゃい

今では、黒汰くん体重4.4キロになっちゃいましたー
今は、ストップしてます

くろた1

イイ体型ですね~

黒汰クンが過ごしやすい環境で、元気に育ってるのが伝わります

黒汰クンと仲良し先住のちゃこちゃん

ちゃこ
ちゃこ1

可愛い~

家族の一員として大切にしてもらってるのが

ちゃこちゃん黒汰クンのお母さんと話していると

すごく伝わってきます

また、ちゃこちゃん黒汰クンを拝見させていただけるのを楽しみにしてまーす

| 里親様からのお便り | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会員さんのおウチの仔になりました!


さくらcatクラブの会員さんで、訪問介護のお仕事をされている方から

軒猫ちゃん2匹を可愛がって、お世話をされているおばあちゃんが骨折されて入院することになり

猫ちゃんのお世話が出来なくなる・・・

しかも、そのうちの1匹が出産して2匹仔猫がいる

と連絡をいただきました。

おばあさんが可愛がってくれている2匹の猫ちゃんと仔猫が

今いる場所で生きていける環境ならば

近くのえさやりサンを探しTNRをしようということになりました

まずは、2匹の成猫ちゃんのTNRに

連絡をくれた会員さんとおばあさんのお宅に訪問介護に行かれてる方と一緒に

お宅にお邪魔しようという前日・・・

まさかのもう1匹も2匹出産していることが発覚っ

しかも、仔猫2匹は風邪をひいて目やにと鼻水でグチュグチュなので保護してくれていると

連絡がありました。

訪問介護に行かれてる方が保護してから

ミルクを飲ませたりしてくれていて、

1匹は上手に飲めていたのですが、片目は目やにで鼻はグチュグチュ

もう1匹は、ミルクを飲むことを拒み両目とも目やにで塞がっていました

この仔たちは、すぐに病院で診察を受けて

一緒にお世話すると風邪が治ってもうつしあいをするかもしれないので

3日間だけ別々のおウチでお世話をし、元気になってから一緒のおウチに保護となりました

保護をした日から、両目共塞がっていた仔を保護した会員が寝てる姿を見て一目惚れ

1ヶ月間、家族に掛け合い、おウチの仔となりました

ちゃい

名前は、ちゃい

チャイ

ちゃい1

お風呂の時間は毎日、先住ちゃんたちと一緒にフタの上
ロコみかん ちゃい

7ヵ月で、すでに4㎏弱まで成長したちゃいです



| 里親様からのお便り | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会員さんのおウチの仔になりました!


一昨年の8月、お盆に入る少し前に

まだ目も開いていない

小さな小さな仔猫を動物に関わる仕事をしている方が保護し、

おウチでミルクを飲ませてみようと試みてくれたんですが、

なかなか上手に飲めず

胃まで管を通してミルクを飲ませるために

病院に2~3日通ってくれました

保護してくださった方は日中仕事があり、

1日何回もミルクを飲ませたり、トイレを促したりできる時間がないので

保護してもらませんかと連絡があり

仔猫を見せてもらうと、

真夏でも自力で体温の調整ができないので、常に温めてあげる必要があるくらい本当に小さく

ミルクをお腹いっぱい飲めなかったこともあり

少し元気がない状態でした

さくらcatクラブの中にミルクから仔猫を育てた経験がある人が集まり

その中から、この時点で保護猫を預かっていない会員がお世話をすることになりました

まめ
(真夏なため、バックがお見苦しいのでスモークかけさせていただいていますすみません)

通常、仔猫のミルクは3時間おきにあげ、トイレを促すことを繰り返すのですが、

なかなか上手に飲めないので、2時間おきにあげていると

数日で哺乳瓶から上手に飲めるようになり、

一週間後には目もあき、世話なく元気に大きくなりました

mame.png

名前は、まめ

先住猫も一緒に育ててくれ

ロコまめ

おウチの仔と、相性がとっても良かったので

そのまま会員のおウチの仔になりました

おウチの中で、1番の甘えん坊

まめ1

元気いっぱい育ってくれ、嬉しい限りです



| 里親様からのお便り | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里子ちゃんお便り


この会を立ち上げるきっかけとなった方の中に

長年、地域の猫ちゃんにえさやりをしてくれている方がいて、

会を立ち上げてすぐに、その方がえさやりをしている場所の子達から

TNRを始めました

長年、えさやりしてくれているだけあって、

猫ちゃんの色や引数を把握してくださっていたので、

えさやり場所の1つ、公園にいた猫ちゃんたちのTNRを終えて

これからは、公園周りの警戒心の強い子を頑張ってTNRしていこう

と計画をたてていた時、

黒猫ちゃんが5匹の仔猫を連れて、TNRを終えたはずの公園に現れました

今まで、把握できてなかった黒ちゃんだったので、

どこから来たのか検討もつかない・・・

ただ、この公園はきちんとえさをくれる方がいて

隣には学校がたっているので、隠れ場所や寒さ、暑さ対策には最適

仔猫が少し大きくなるのを待って、

TNRして、地域猫ちゃんとして見守っていくことができるね

と話していました

そんな時に、猫ちゃんを家族に迎えたいというお話があり、

仔猫にご飯をあげてくれていた会員さんが

9月に産まれた仔猫たちが、寒い冬を越せるか心配だということ。

仔猫の時から、ご飯をあげていて、少し懐いてきてしまっているので

このまま地域猫として、公園で生活すると危険なことに巻き込まれる心配もあり

5匹を紹介し

白黒クンが無事おウチの仔となり、大きくなったお写真とともにお便りいただきました

やた

お名前は、弥汰くん(やたクン)

ヤタ1

最初は怯えていて、慣れてくれるかなって心配でしたが、今ではすっかり甘えたの可愛い子になってます

ヤタ2

愛らしいお写真とともに、私たちまで幸せになるお言葉ありがとうございます

保護がないまま、野良ちゃんから突然、おウチの仔になり

おウチの仔として迎えてくれてから、懐いたかなと心配していたので嬉しいです

弥汰クンの愛らしいお写真、また拝見させていただけるのを楽しみにお待ちしてまーす







| 里親様からのお便り | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT